水中ウォーキング指導士とは

水中ウォーキングを健康づくりとして実践する国民は、2000年より増えはじめ、現在ではインストラクターが不足し、自己流で水中を歩く方がたくさんいらっしゃいます。

これまでに水中ウォーキングを楽しまれる方が増え続けている要因の1つに、楽しく続けられ、様々な身体的、心理的効果を実感していることがあります。

これからさらに需要が拡大する水中ウォーキングのプロフェッショナルを養成し、インストラクターの職域を拡大することはもとより、水中ウォーキングを日々行っていらっしゃる皆様にも本当の水中ウォーキングの楽しさ、多種多様なアイテムをご紹介いたします。

日本温泉保養士協会は、温泉の利、活用の仕方、健康ソフト開発を行う中で、水中ウォーキングは欠かすことのできない健康資源として30年前より研究開発を続けてきました。

今からおよそ2500年前に世界で初めて温泉療法を行っていたとされる西洋医学の父ヒポクラテスが温冷交代浴と水中体操を行っていました。

これからも分かるように、「温泉入浴法」と「水中運動」とは、温泉療法の両輪なのです。

本講習会では生涯活かせる知識と実践法をご紹介いたします。